離婚公正証書とは?

離婚公正証書とは、当事者が離婚にあたって取り決めたことに基づいて、公証役場で公証人が作成する書類です。

 

離婚協議書と離婚公正証書の違いは?

離婚協議書は、当事者で合意したことを、文書にしたものです。

作成が手軽ですし、約束が守られている間は、特に問題となりません。

しかし、いったん約束が破られると、裁判を起こさないと強制執行できないなど、後々面倒になるのが、欠点です。

 

離婚公正証書は、「離婚給付契約公正証書」のことです。離婚する当事者で合意した内容を、専門家である公証人が法的なチェックをしたうえで、作成します。

そのため、証明力があり、安全です。

また、養育費・財産分与・慰謝料などの金銭に関する取り決めについて、万が一約束が破られた場合でも、裁判の判決がなくても、強制執行することができます。

 

以上のことから、当事務所では、できるだけ公正証書の作成をお勧めします。

 

当事務所に公正証書の作成をご依頼いただいた場合、作成までの公証人との打ち合わせは、すべて当事務所にて行います。

 

公正証書作成当日は、原則として当事者お二人が公証役場へ行く必要がありますが、当事者の一方の代理人として、当事務所代表行政書士が公証役場へ赴き、公正証書の完成を確認いたします。

 

平日の昼間に時間が取りにくい方や、ご事情があって直接公証役場へ行くことのできない方も安心です。  

 

公証人により、代理人を認める場合と、認めない場合があります。事前にご相談ください。

 

また、当事者お二人とも代理人を依頼することも可能です。詳しくはご相談ください。